平成27年度 名張市立病院 病院指標



平成27年度の病院指標を厚生労働省の統一様式により公表します。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

【集計対象全項目の共通定義】

○平成27年4月1日~平成28年3月31日までに退院した患者さまを対象としています。
   ※自費診療・労災・自賠等の医科保険以外の保険を使用した患者さまは対象外です。
○同一患者さまが複数回入退院した場合、延べ患者数として数えます。
(例)6/1入院し、その後退院。10/1に入院し、その後退院。
   ※この場合、患者数は”2人”として数えます。

○患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表記となります。
○在院日数は、入院した日から退院した日までの日数になります。
(例)9/1入院、9/5退院
   ※この場合、在院日数は”5日”として数えます。

○各項目のダウンロードデータはテキスト形式(tsvファイル)となっています。
  ファイルを開く際は、拡張子をtsvからtxtに変更する、プログラムを指定して開く等の対応をお願いします。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 305 86 73 98 146 255 794 1255 1131 399
   地域医療支援病院として、幅広い年齢の患者さまに医療を提供しています。         
   70歳以上の割合が61.3%を占め、急激に進行する地域の高齢化を反映していると思われます。
   また、当院は24時間365日、小児救急医療体制を整えており、小児科の患者さまも多くなっています。
   なお、平成27年度の全退院患者数は4,542人でした。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 395 4.30 4.87 1.01% 72.49
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 手術なし 手術・処置等2なし 250 13.22 14.34 8.00% 78.38
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 164 2.86 3.07 0.61% 70.57
   内科で最も多い症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル治療のための入院、およびそれに伴う治療前後の心臓カテーテル検査の入院になります。
   また3番目に多い症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のみの入院で、治療を行わない入院になります。
   2番目に多い肺炎は、平均年齢が78.38歳と高齢の患者さまが多く重症化しやすいため、在院日数が長くなります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 手術・処置等2なし 93 5.95 5.72 1.08% 1.83
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 44 5.95 5.54 0.00% 1.77
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 5.61 6.31 0.00% 4.94
   小児科の症例のうち、上位3位は一般的に入院治療を必要とする小児疾患となっており、全体の52.5%を占めています。             
   当科では、小児救急医療の体制を整え、24時間365日、小児の救急患者さまの受け入れを行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 31 6.03 5.56 0.00% 38.87
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2 6あり 定義副傷病 なし 15 3.00 4.51 0.00% 73.73
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置1 なし 手術処置2 なし 13 19.46 17.41 0.00% 75.54
   外科の症例のうち、上位3位は、全体の16.2%となっています。             
   なお、鼠径ヘルニアの症例も虫垂炎と同等の症例数となっていますが、短期滞在入院基本料3の算定のため、上表には表示されません。             
   部位や治療内容ごとに多種多様の症例を実施するため、全症例に対する上位3症例の比率が低くなっています。             
   また、がん診療においては、地域の医療機関と連携を図っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 91 30.99 28.70 24.18% 81.68
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 45 20.78 21.52 6.67% 76.22
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 38 2.32 5.70 0.00% 62.24
   整形外科で最も多い症例は、股関節骨折に対する人工骨頭挿入術となっています。平均年齢が81.68歳となっており、在院日数も長くなっています。             
   急性期治療後、病状が安定した患者さまに対して、在宅や介護施設への復帰支援に向け、リハビリ病院等へ転院していただくことが多いため転院率が24.18%となっています。             
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 12.29 11.91 0.00% 75.68
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 17.18 19.32 23.53% 70.24
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 7.29 7.52 5.88% 74.06
   脳神経外科は、市内唯一となっており、上位3位の症例の他にも頭部外傷、脳腫瘍、脊髄疾患等、多種多様の症例を実施しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 7.42
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 11.08
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術処置1 あり 手術処置2 なし 7.99
   眼科で最も多い症例は、白内障、水晶体の疾患となりますが、短期滞在入院基本料3の算定の為、上表には表示されません。             
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 11 1 7
大腸癌 20 13 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
○ Stage分類とは、UICCが定めた腫瘍の病期分類のことです。T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価しそれらを指標に、がんの進行度と拡がりの程度を一度に表わします。
   5大癌とは日本で発症症例数が多い胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌のことをいいます。         
   当院に、5大癌の症状で入院された患者さまのうち83%が消化器系の癌となっています。         
   病態の部位や進行度に応じて専門的治療を受けられる医療機関へ紹介しています。
   UICC病期分類が不明に分類されている症例については、治療前の検査入院に該当する患者さんが多く、入院中に検査結果が出ない場合があるので、当該入院中の情報だけでは病期分類ができないことなどが理由として挙げられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 56 7.61 27.82
重症度 1 84 13.61 76.55
重症度 2 86 13.49 80.90
重症度 3 36 20.94 84.75
重症度 4
重症度 5
不明
○市中肺炎とは、普段の生活を過ごしている中で罹患した肺炎のことです。
   軽症の場合は外来治療が基本となりますが、患者さまの状態によって入院治療となる場合があります。重症度2以上では平均年齢が80歳を超えており、平均在院日数も長くなっています。
   なお、インフルエンザ等のウイルス性肺炎や誤嚥性肺炎は含まれません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 19 7.47 72.05 10.53%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 174 18.69 77.77 25.93%
その他 15 19.33 77.13 1.59%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
○「ICD10」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類です。
   発症3日以内の脳梗塞急性期が全体の83.7%を占めています。
   脳梗塞の進行防止や再発予防のために、原因に応じた脳保護剤や抗血栓剤の投与を行っています。また、運動麻痺や言語障害等に対し、早期からリハビリテーションを行い、機能の維持、向上に努めています。
   一過性脳虚血発作は脳梗塞の前段階とも考えられています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 343 1.55 2.68 0.87% 72.77
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 等 60 0.05 6.75 8.33% 73.50
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 35 1.49 4.20 2.86% 76.00
   内科で最も多い手術は、狭心症や心筋梗塞の治療に対して行う、経皮的冠動脈ステント留置術です。狭心症や心筋梗塞などによる冠動脈の狭窄や閉塞部分に対して、ステント(網目状の金属製の筒)を用いて病変部分を拡張し治療する手術です。             
   また、心房粗動に対する、経皮的カテーテル心筋焼灼術や、房室ブロックに対するペースメーカー移植術、肺塞栓症の塞栓再発防止のための下大静脈フィルター留置術なども行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの
 
 
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 34 1.15 4.29 0.00% 68.91
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 31 0.39 4.65 0.00% 38.87
K7211 大腸EMR(直径2cm未満 等 22 0.05 1.64 0.00% 71.32
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 54 2.91 23.13 14.81% 79.35
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等 48 1.60 8.83 4.17% 64.63
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 等 46 4.93 25.78 28.26% 81.37
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 0.30 13.21 3.03% 76.15
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 10 0.38 44.80 50.00% 73.60
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 204 0.07 1.97 0.00% 75.83
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 13 0.29%
異なる 17 0.37%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.29%
異なる
更新履歴
2016.9.30
平成27年度 病院指標を掲載しました。