初期臨床研修について (初期臨床研修医募集)

概要

 当院は、三重大学医学部附属病院群の「協力型臨床研修病院」として、初期臨床研修医の採用を行っております。
三重大学医学部附属病院のオーダーメイドプログラム「名張市立病院コース」としてプログラム作成を行います。
 このため、24ヶ月の初期臨床研修期間のうち12ヶ月は、当院において「小さな病院で多くの経験を」との理念のもと、豊富で多彩な症例、よくある疾患をよくある頻度で経験していただき、残りの12ヶ月(うち1ヶ月は地域医療研修)は三重大学医学部附属病院などにおいて、より専門的に、また先進医療を研修していただけます。

今後もさらなる研修の充実をはかってまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

「週刊医学界新聞(第3337号・2019年9月9日)」に、当院における医学生臨床実習についての記事が掲載されました(外部リンク)

研修風景

研修風景1写真

研修風景2写真

隠(なばり)サマーキャンプ写真

総合診療科 近藤 誠吾 医師より

 名張市は紀伊半島の中心の盆地に位置します。人口は約8万人で、大阪の最東端のベッドタウンであり、一時はマイホームを求めて若い世代の流入を認めましたが、現在は他地域と同様、高齢化が急速に進んでいます。そのような地域で名張市立病院は入院病床200床で唯一の急性期病院です。紹介すべき症例は適切に後方病院へ紹介する必要がありますが、一旦はすべての症例の初療を名張市立病院で行うため、commonな疾患はcommonな頻度で、rareな疾患はrareな頻度で経験することができます。地域における医師研修では鑑別診断としてこの頻度を考慮することもとても重要です。
 2012年度からは名張市立病院地域医療教育研修センターを設立し、医師初期研修のみならず多職種連携の学習会、地域包括ケアの取り組み、臨床研究などを主管し、教育研修の質の改善に取り組んでいます。
 将来どの専門分野に進むにしても、少なくとも初期研修の2年間は総合的、包括的な患者アプローチの中で、適切なコミュニケーション能力、社会性、身体診察能力、問題解決能力を身につけ、主治医機能を修得することが最も重要と考えます。以上のような研修を提供すべく、名張市立病院としても初期研修医のみなさんと一緒に日々、改善を積み重ねていきたいと思います。
 冬はやや寒いですが、大阪にも名古屋にもアクセスが良く住みやすいまちです。名張で一緒に地域医療を学んでみませんか。

先輩医師より(当院の初期研修を修了した医師)

 当院は2次救急輪番制度をとり、名張・伊賀地区の医療を担う一翼となっています。そのため、症例はとても豊富であり、commonな疾患は短期間のうちにほぼもれなく経験することができます。研修医にとって、救急外来で診療した患者さんをそのまま、病棟でも担当医として退院まで診ることは大きな財産となります。当院ではそれが可能であり、自分がかかわった症例を積み重ねていくことで確実に力がついていくのを実感できます。
 当院での研修は12ヶ月、三重大病院での研修は12ヶ月あり、三重大病院での研修で、当院には無い科(産婦人科など)だけでなく、3次救急や集中治療を学ぶことができ、2次救急だけに偏らない研修を受けることが可能です。三重大病院の研修医という立場でもありますので、他大学・施設での研修も可能です。私は、気仙沼市立本吉病院での研修ができました。
 当院は200床と小規模であり、各科の垣根が低く、コメディカルや事務の方々の協力も素晴らしく、病院として雰囲気良く研修できます。そんな当院に是非一度、気軽に見学に来てみてください。

先輩医師より①(三重大学卒)

Q.名張市立病院を初期研修先に選んだ理由は何ですか。
A.私は出身が名張市であり、生来名張で生活してきました。
まだまだ半人前ですが、医師としての第一歩は名張市立病院で始めたいと考えており、また、将来的に名張で医療に携わらせて頂くためにも、名張市立病院での研修を選ばせて頂きました。

Q.研修で苦労したことは何ですか。
A.研修中は常にモチベーションを保てるといいのですが、失敗をしたりうまくいかないことが続くと、自分でも気づかないうちにストレスを溜めこんでしまうこともありました。

Q.休日の過ごし方はどうされていますか。
A.オン・オフ切り替えてしっかり休むようにしています。

Q.研修病院を選ぶに当たっての医学生のアドバイス
A.前もって何度か見学や実習に行かれた方が病院の雰囲気やキャラクター等自分の満足した研修ができる環境がより分かると思います。

先輩医師より②(三重大学卒)

Q.名張市立病院を初期研修先に選んだ理由は何ですか。
A.小規模な病院で研修医の人数も多すぎず、上級医の先生や看護師さんと近い距離で研修ができると思ったからです。

Q.研修で苦労したことは何ですか。
A.救急のローテートでは、迅速な判断と行動をしなければならず、始めの方は慣れていないために大変でした。

Q.休日の過ごし方はどうされていますか。
A.on・offははっきりしたいので、休みの日は好きなことをして過ごしています。

Q.研修病院を選ぶに当たっての医学生のアドバイス
A.研修内容や充実度は、研修する場所はあまり関係なく自分次第だと思います。
ただ、働きやすい環境、モチベーションを上げられるような環境というのは大切だと思います。
名張市立病院は看護師さんや技師さんなど皆話しやすく優しいですし、丁寧に教えてくれる 先生方ばかりなので、モチベーションも上げられます。
研修医の人数が多すぎないのも良い点で、とても仲良くやっています。

募集・採用について

1 定員

3名 (1年次当たり)

2 研修期間

  • 名張市立病院
    12ヶ月
  • 三重大学医学部附属病院
    12ヶ月(うち1ヶ月は地域医療研修)

3 出願方法

 三重大学医学部附属病院 臨床研修・キャリア支援部への応募・提出となります。
詳細はこちらをご覧ください(三重大病院ホームページへジャンプします。)。

4 応募用紙への記入について

 名張市立病院を中心とした研修プログラムとなりますので、願書の希望コースでオーダーメイドプログラムを選択し、(  )に 「名張市立病院コース」と必ず明記し、面接時も同様に「名張市立病院において研修希望」と意思表示してください。

5 試験について

  • 試験日 令和2年7月1日(水)出願開始
    〇令和2年8月8日(土)・・・7月22日(水)願書提出締切(必着)
    〇令和2年8月22日(土)・・・8月3日(月)願書提出締切(必着)
    〇令和2年8月29日(土)・・・8月17日(月)願書提出締切 (必着)
    (*8月22日はMMC合同試験会共催です。)

*三重大学病院とともに試験を行います。

6 マッチングについて

 三重大学医学部附属病院の「オーダーメイドプログラム」でのマッチングとなります。
定員枠のうち「名張市立病院コース」として3名分を優先的に採用することとして、三重大学医学部附属病院とともにマッチング入力(手続き)を行っています。

7 給与・手当

 名張市の正規職員(地方公務員)となりますので、名張市の例規に基づいた給与・手当をお支払いします。
(参考年収:1年目 約800万円、2年目 約900万円 時間外手当等を含む見込みであり個人により変動します)

病院見学について

  • 病院見学を希望される方はお申込みフォーム(Googleフォーム・外部サイト)よりお申込み下さい(随時受付)。
  • 研修担当指導医や初期研修医が対応しますので、当院や大学病院においての研修の実態や待遇面等についても詳しくお聞きいただけます。
  • 交通費・宿泊費は、当院規程により支給しますので、ご確認下さい。
  • なお、当院は大学病院との連携プログラムであることから、当院だけでなく、必ず大学病院も併せてご見学下さいこちら)。

お問い合わせ

事務局 総務企画室までお気軽にお問い合わせください。
TEL 0595-61-1100 FAX 0595-64-7999  e-mail : hp-somu@city.nabari.mie.jp