理念・目標

看護部の理念

心温かい、安全なケアを目指します。

看護部の基本方針

  1. 患者様の権利を尊重し、理解と納得に基づく、良質で安心できる看護を行います。
  2. 常により良い看護を実践し、医療チームの一員として、医療サービスの向上に努めます。
  3. 常に質の高い看護が提供できるように、日々学習し研鑽に努めます。

令和2年度看護部全体目標

  1. 看護師一人ひとりが、専門職としての知識、技術、態度を踏まえ、安全・適切で、優しい看護を実践する。
    1. 他職種や認定看護師と連携し、部署の看護の質を高めて、継続看護を実践する。
    2. 基本的な看護を踏まえたアセスメント能力を高められるよう、実践した看護の振り返りを行う。
    3. 医療安全マニュアルの周知や、SBARを徹底するとともに、事故発生時における具体的な対策の啓蒙、および教育を行う。
  2. WLBの推進、働きやすい職場環境のためにチーム力を発揮する。
    1. 時間外勤務のあり方の見直しや、柔軟な業務改善により、時間外勤務を30%削減し、夏季休暇を含めて年次休暇を年間12日以上取得する。
    2. 協力し合う職場風土作りに向けて、部署内外での応援体制を整備する。
    3. レジリエンスを高められるよう、お互いに相談できる環境を具体的に構築する。
  3. 病院の経営方針に関する内容を理解し、自己の役割を果たす。
    1. DPCや病棟運営の効率性を高められるよう、クリティカルパスを整備する。
    2. 部署における診療報酬のデータを可視化し、具体的な活動を実践する。