脳神経外科

 脳神経外科では脳血管障害(脳出血、脳梗塞、脳動脈瘤など)、脳腫瘍、頭部外傷、機能的疾患(顔面けいれん、三叉神経痛)など救急疾患をはじめとして幅広い領域にわたって診療を行っています。
 特に脳梗塞治療については、各科と連携を取り救急外来での初期治療、画像診断により、超急性期治療であるt-PA静注療法と脳血管内治療を積極的に行っています。
 手術治療全般においては、脳血管内治療や神経内視鏡治療といった低侵襲手術を重視し、治療の提供および患者様の機能予後の向上に努めています。
 また、廃用症候群を予防し、早期のADL向上と社会復帰を図るために、十分なリスク管理のもとにできるだけ発症後早期から積極的なリハビリテーションを行っております。回復期における集中的リハビリテーションの実施については、他院との連絡・調整を行い、リハビリ病院への転院調整を積極的に行っております。

医師 紹介

井田医師画像

井田 裕己(いだ ゆうき)

職名
副院長兼診療部長兼放射線科部長兼脳神経外科部長
専門・資格等
日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経外科学会指導医
奈良県立医科大学医学博士
日本脳卒中の外科学会技術指導医
脳梗塞rt-PA適正使用講習会修了
日本DMAT隊員
三重大学医学部臨床准教授

佐藤医師画像

佐藤 文哉(さとう ふみや)

職名
脳神経外科医長
専門・資格等
日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
奈良県立医科大学医学博士

二本松医師画像

二本松 綾乃(にほんまつ あやの)

職名
脳神経外科医
専門・資格等
日本脳神経外科学会専門医

診療実績(令和4年度)

延べ入院患者数 4,116人 延べ外来患者数 3,400人
(入院1日平均) 11.3人 (外来1日平均) 14.0人
平均在院日数 16.5日 開業医からの紹介数 263人

手術

頭蓋内血腫除去術 6件 頭蓋骨形成手術 3件
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 39件 経皮的脳血栓回収術 10件
穿頭脳室ドレナージ術 2件 脳動脈瘤コイル塞栓術 4件
内視鏡下脳内血腫除去術 5件 経皮的頸動脈ステント留置術 6件
水頭症手術 4件 頭蓋内腫瘍摘出術 2件

取り扱い上位疾患(入院)※診断群分類別

脳梗塞 59人

一過性脳虚血発作

9人

頭蓋・頭蓋内損傷

39人 くも膜下出血、破裂脳動脈瘤 9人
非外傷性硬膜下血腫 33人 脳血管障害 8人
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) 31人 脳腫瘍 8人
てんかん 12人 水頭症 5人